×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

親鸞の水脈

このサイトについての説明を入力します。

創刊号 600円

_NowPrinting.jpg
◆真宗文化センターの設立と『親鸞の水脈』の創刊    今井雅晴
◆親鸞の信仰と門弟の信仰-門弟による異義を中心として 小山聡子
◆真宗の雅楽-管見- 河和田唯彰
◆初期真宗の展開と佛光寺教団 楠正亮
◆高田派伝持要文集所引の静編『続選択文義要鈔』断章の検討 熊田順正
◆親鸞の手紙に出る地名第一回 笠間 今井雅晴
◆真宗文化センター規約
◆あとがき
◆表紙のグラビア 笠間・佐白山
※敬称略


第2号 600円

_NowPrinting.jpg
◆グラビア
新出の恵信尼座像(大分県別府市・永福寺蔵) 多田益子
◆蓮如と一向一揆 高部有嘉登
◆法を食べる 宍戸肇
◆親鸞と高田 今井雅晴
◆加賀三ヶ寺と一向一揆 大渓太郎
◆親鸞の手紙に出る地名 第二回北の郡(こおり) 今井雅晴
◆読者の皆様へのお知らせ
◆あとがき
◆表紙グラビア 板敷峠から見る北の郡
※敬称略
.


第3号 600円

_NowPrinting.jpg
◆グラビア 願牛寺全景図(茨城県常総市・願牛寺蔵)
◆親鸞聖人と願牛寺 稲葉眞弘
◆「報謝の念」に思ふ 萩谷綾子
◆中央アジア・ウズベキスタンの極楽浄土 今井雅晴
◆親鸞における伝道実践 高山秀嗣
◆親鸞における神と鬼神 山田雄司
◆親鸞の手紙に出る地名 第三回 鹿島 今井雅晴
◆読者の皆様へのお知らせ
◆あとがき
※敬省略


第4号 600円

_NowPrinting.jpg
◆グラビア:有髪の親鸞画像(「有髪の御影」茨城県日立市・専照寺蔵)
◆有髪の親鸞-一枚の肖像画から 田村晃徳
◆『歎異抄』の中国語への翻訳を終えて 張 偉
◆台湾・台北の東本願寺跡 今井雅晴
◆実如「加州御教誡御書」に見る
 永正・大永年間の加賀一向一揆 大溪太郎
◆伊勢国安濃津における真宗寺院の消長 太田光俊
◆親鸞の手紙に出る地名 第四回 なめかた(行方) 今井雅晴
◆読者の皆様へのお知らせ
◆あとがき
※敬省略


第5号 600円

_NowPrinting.jpg
◆グラビア 願牛寺全景図(茨城県常総市・願牛寺蔵)
◆親鸞聖人と願牛寺 稲葉眞弘
◆「報謝の念」に思ふ 萩谷綾子
◆中央アジア・ウズベキスタンの極楽浄土 今井雅晴
◆親鸞における伝道実践 高山秀嗣
◆親鸞における神と鬼神 山田雄司
◆親鸞の手紙に出る地名 第三回 鹿島 今井雅晴
◆読者の皆様へのお知らせ
◆あとがき
※敬省略


第6号 600円

_NowPrinting.jpg
◆グラビア 筑波山餓鬼済度の御影(茨城県つくば市・常福寺蔵)
◆親鸞の水脈第6号の内容紹介 今井雅晴
◆筑波山の麓に伝わる親鸞絵伝(茨城県つくば市・常福寺蔵)
◆時代の中の親鸞様 林京子
◆共に生きる 土肥真
◆物理学と真宗 尾中龍猛
◆中国・大連の東本願寺跡 今井雅晴
◆結城朝光と浄土真宗の接点への一考察 桶川智美
◆蓮如における伝道実践 高山秀嗣
◆親鸞の手紙に出る地名 第六回 奥郡  今井雅晴
◆第一回真宗文化センター講演会の報告と第二回講演会のご案内 真宗文化センター事務局
◆読者の皆様へのお知らせ 
※敬称略


第7号 600円

_NowPrinting.jpg
◆グラビア 光明本二十体御影(千葉県長生郡長柄町・篠田家蔵)
◆親鸞の水脈第7号の内容紹介 今井雅晴
◆〝真宗寺院〝が生活の現場ということ 星野暁
◆アメリカの開教の現在 高山秀嗣
◆戯曲 弁円の涙 西原祐治
◆板敷山大覚寺の伝説とその願い(上) 長沢英明
◆鎌倉時代のまじないと病気治療 小山聡子
◆房総半島中央部に伝わる浄土真宗史料 -光明本二十体御影の紹介をかねて- 植野英夫
◆第二回真宗文化センター講演会の報告と第三回講演会のご案内
◆読者の皆様へのお知らせ
※敬称略


第8号 600円

_NowPrinting.jpg
◆グラビア 親鸞聖人坐像(千葉県野田市関宿・常敬寺蔵)
◆『親鸞の水脈』第8号の内容紹介 今井雅晴
◆親鸞聖人坐像(千葉県野田市関宿・常敬寺蔵)について 今井雅晴
◆親鸞への一歩 ――『親鸞めぐり旅』をめぐる思い出 砂田明子
◆茨城県立歴史館特別展『親鸞-茨城滞在二〇年の軌跡-』を見て 阿部能久
◆中国の浄土教から日本の浄土教へ -慧遠から親鸞まで- 今井雅晴
◆流行語「歴女」と「仏女」に見る現代社会の動き-大河ドラマ「天地人」「龍馬伝」から「阿修羅展」「親鸞展」まで 今井雅晴
◆板敷山大覚寺の伝説とその願い(下) 長沢英明
◆第三回真宗文化センター講演会の報告と第四回講演会のご案内 真宗文化センター事務局
◆読者の皆様へのお知らせ
※敬称略


第9号 600円

_NowPrinting.jpg
◆グラビア 西念房木像(茨城県坂東市辺田・西念寺蔵)
◆『親鸞の水脈』第9号の内容紹介 今井雅晴
◆親鸞聖人七五〇回忌記念企画「親鸞展を見て」 阿部能久
◆現代日本人の心情とその伝統的背景―五木寛之氏の小説『親鸞』をめぐって― 今井雅晴
◆合掌する真宗系僧形像 飛田英世
◆平太郎熊野参詣説話の検討 山田雄司
◆第四回真宗文化センター講演会の報告と第五回講演会(※延期)のご案内 真宗文化センター事務局
◆読者の皆様へのお知らせ
※敬称略


第10号 600円

_NowPrinting.jpg
◆グラビア 恵信尼像(茨城県笠間市稲田・西念寺蔵)
◆『親鸞の水脈』第10号の内容紹介 今井雅晴
◆恵信尼追慕 飛田英世
◆親鸞と成然、そして妙安寺 今井雅晴
◆『恵信尼文章』にみる恵信尼の極楽往生への不安-死装束としての小袖をめぐって- 小山聡子
◆幻の妻帯宗・太子宗を求めて 古寺了俊
◆第五回真宗文化センター講演会のご案内 真宗文化センター事務局
◆読者の皆様へのお知らせ
※敬称略


第11号 600円

_NowPrinting.jpg
◆グラビア 修復なった弁円座像(茨城県・大覚寺蔵)
◆『親鸞の水脈』第11号の内容紹介 今井雅晴
◆弁円懺悔の木像の修復についての所感 板敷真純
◆ご縁に生かされて 楠正亮
◆親鸞研究とデジタルアーカイブ 小林泰三
◆カタチから見た坂東本『教行信証』 赤尾栄慶
◆親鸞の「社会性」について 市川浩史
◆第六回真宗文化センター講演会のご案内 真宗文化センター事務局
◆読者の皆様へのお知らせ
※敬称略


第12号 600円

_NowPrinting.jpg
◆グラビア 新出の有髪の親鸞座像(茨城県常陸大宮市鷲子・善徳寺蔵)
◆『親鸞の水脈』第12号の内容紹介 今井雅晴
◆善徳寺の有髪の親鸞座像 高村恵美
◆真宗文化センター・板敷山大覚寺共催「山伏弁円の道を歩く会」 板敷真純・橋本順正・藤井明・古屋千秋・箕輪拓馬・渡辺和樹・佐藤仁美・前澤里緒
◆江戸時代の二十四輩 今井雅晴
◆新出の二十四輩関係資料『二十四輩記』(前) 飛田英世
◆読者の皆様へのお知らせとお願い
◆真宗文化センター講演会のご案内
※敬称略


第13号 1,000円

20130325103303_00001.jpg

◆グラビア 板敷山笠間御坊御堂壮観之図(茨城県水戸市・茨城県立歴史館蔵)
◆『親鸞の水脈』第13号の内容紹介 今井雅晴
◆板敷山笠間御坊御堂壮観之図(茨城県立歴史館蔵) 飛田英世
◆高田山専修寺に於ける明星天子伝承について 藤井明
◆しんらん万象 浅間雪枝
◆新出の二十四輩関係資料『二十四輩記』(後) 飛田英世
◆訓点から見た坂東本『教行信証』の一側面 宇都宮啓吾
◆読者の皆様へのお知らせとお願い
◆真宗文化センター講演会のご案内
※敬称略


第14号 1,000円

20131018103005_00001.jpg

◆グラビア 光明連座の御影(茨城県笠間市笠間・光照寺蔵)
◆『親鸞の水脈』第14号の内容紹介 今井雅晴
◆光照寺の光明連座の御影 今井雅晴
◆野洲花見ヶ丘大蛇の経鱗 安藤圣一
◆親鸞越後流罪の積極的意義 今井雅晴
◆親鸞の神祇観 佐藤弘夫
◆読者の皆様へのお知らせとお願い
◆真宗文化センター講演会のご案内
※敬称略


第15号 1,000円

20140402105112_00001.jpg

◆グラビア 阿弥陀如来立像と台座銘(茨城県水戸市河和田町・報仏寺蔵)
◆『親鸞の水脈』第15号の内容紹介 今井雅晴
◆書評 小山聡子著『親鸞の信仰と呪術』 常磐井慈裕
◆報仏寺とその周辺の地域-報仏寺報恩講に寄せて-
◆親鸞の信仰と臨終行儀 小山聡子
◆『唯信鈔』と『唯信鈔文意』 三木彰円
◆読者の皆様へのお知らせとお願い
◆真宗文化センター講演会のご案内
※敬称略


第16号 1,000円

20140807140653_00001.jpg

◆グラビア 説法印の阿弥陀如来立像(栃木県真岡市・真宗高田派本寺専修寺蔵)
◆『親鸞の水脈』第16号の内容紹介 今井雅晴
◆専修寺の説法印の阿弥陀如来立像 今井雅晴
◆本寺専修寺 天拝一光三尊佛御開扉法会参拝記 橋本順正
◆親鸞における死と救済-現代における親鸞思想の可能性 佐藤弘夫
◆初期真宗における正定聚不退転の思想 板敷真純
◆『恵信尼消息』第三通における娘・覚信尼と母・恵信尼の対話(一)  -娘の疑念を中心に- 廣田万里子
◆読者の皆様へのお知らせ 
◆真宗文化センター講演会のご案内
※敬称略



第17号 1,000円

20150623114813_00001.jpg

◆グラビア 恵信尼画像(玉日様)(石川県白山市美川今町・正壽寺蔵。部分)
◆『親鸞の水脈』第17号の内容紹介 今井雅晴
◆親鸞と箱根権現および聖覚 今井雅晴
◆親鸞と浄土真宗展見学記(2)「真宗の美-親鸞と福井、ゆかりの名宝- 橋本順正
◆安城御影をめぐる諸問題 小山正文
◆初期真宗教団における祖師像の変容 -特に東国門徒を中心に- 板敷真純
◆親鸞はなぜ稲田に草庵を結んだのか 山田雅教
◆読者の皆様へのお知らせ 
◆真宗文化センター講演会のご案内
※敬称略



申込・振込先はこちら